店舗型の自動車保険のデメリット

保険料が高くついてしまう

店舗型の自動車保険は通販型の自動車保険と比較をすると保険料が高くついてしまう傾向にあるのが、最大のデメリットだと言えます。契約内容が同じだとすれば、店舗型であろうが通販型であろうが保険料が高くても事故を起こしたときの補償は一緒ですから、それならば保険料は安いに越したことはありません。店舗型は補償の内容の違いよりも契約時のサポートや事故時の対応の違いが大きく、保険の内容自体は大差ないのです。人件費やテナント料など通販型よりもコストが掛かっている場所が多いので、その分どうしても保険料が高くなってしまいます。サポート料と考えれば妥当な金額だと思える人には問題はありませんが、サポートを必要としていないのであれば、店舗型はただ保険料が高いだけとなってしまいます。

営業時間内に手続きをしなければならない

店舗型の自動車保険は店舗に行って契約をする形になりますから、営業時間内に手続きをしなければなりません。多少の融通は相談次第できかせてもらえるにしても、深夜や早朝に契約をしたいとなると対応してもらえるのは難しいのが現状です。いつでも時間を作ることができる人であれば問題はないのでしょうが、忙しくてなかなか時間がとれなかったり、仕事の関係で生活の時間帯が夜型という人は時間を作って契約をするのが大変です。特に自動車保険は納車が決まってから限られた時間の中で契約をしなければならないので、自分の都合ではなく店の都合に合わせて手続きをしなければならないというのは、店舗型の自動車保険のデメリットといえるでしょう。