通販型の自動車保険を選ぶのはこんな人

とにかく保険料をおさえたい人

とにかく保険料をおさえたいと考える人であれば、通販型の自動車保険は最適です。代理店型と比較をしても大分保険料が安く済みますから、自動車関連の維持費を節約することができます。もちろん、保険料が安いからと言って補償が充実していないなんてことはなく、代理店型と同等の補償を受けることができるので万が一のことを心配する必要はありません。それでは、通販型と代理店型では何が違うのかと言えば、細かなサポートが変わってきます。通販型は手続きを全て自分で行いますし、目の前に相談をすることができる人がいない代わりに保険料が安くなっています。その辺を理解した上で通販型の自動車保険を選べば、上手に保険料が節約できるというわけです。

保険のことをよく理解している人

保険のことをよく理解していて、サポートをしてもらわなくても自分でなんとかできるという人は通販型の自動車保険が向いています。極端に言ってしまえば、通販型と代理店型の差はサポートの有無に付きますから、特別手助けをしてもらわなくても困らないという人であれば、代理店型を選ぶメリットは少なく、相対的に通販型を選ぶメリットが大きくなります。通販型の自動車保険であれば、誰に気兼ねすることなく自分の好きなタイミングで申し込みをすることができますから、時間を作って代理店に契約をしにいくという手間もなくなります。保険の内容がわかりづらいのが通販型の自動車保険ですが、保険のことを理解している人はこのデメリットがなくメリットだけを享受できるのです。